【オンラインスクール開校で得られるメリット・デメリット】


03 Mar
03Mar

 コロナ禍により自宅時間が増えていることもあり、学生や社会人などにオンラインサービスを提供したい企業も増えています。ですが、今まで経験ないことを始めるとなれば、失敗したくないものですし、不安や疑問もあるでしょう。

今回は、オンラインスクール開校で得られるメリット・デメリットについてお伝えします。 オンラインスクールの必要性 新型コロナウイルスにより、医療崩壊の危機や緊急事態宣言による外出自粛など、生活基盤が揺るがされる事態へと発展しました。

今までの当たり前の生活が送れない状況となっています。 

その一方で、ケガの功名とも言うべき社会変化も起こりました。 

コロナ禍で在宅勤務や在宅学習になった際に、Zoomとは?Skypeとは?といった方も多くいましたが、企業内でZoomを取り入れた会議や学校や学習塾に通う学生がSkypeを活用したリアルタイム授業を受けるなど、今まで体験したことのない取り組みが行われ、オンラインへの可能性や期待感が高まりました。

特に、ビジネスセミナーやプログラミングに英語などのオンラインスクールへ入会する方が増え、自己投資し成長しようという意識が芽生えています。 

オンラインスクールとは、インターネットに繋げる環境さえあれば、自宅から通学せずとも英知を養える教育の形態になります。

パソコン・スマートフォン・タブレットさえ持っていれば受講できるサービスとなり、通う煩わしさや忙しい方でもスキル習得などを目指せるので、多くの方から注目されています。 

そのため、このオンラインを利用したサービス展開を始める企業も増えましたが、未だにオンラインサービスを整備できない企業も多い傾向にあります。

今後は、手広く様々なコンテンツを配備するオンラインスクールを開校する企業や、人気講師がいるスクールに人気が集まり、未だに通学制にこだわる企業のシェアは確実に奪われ機会損失に繋がることも想定しなければなりません。 

ですが、オンラインスクールの市場は発展途上段階ですので、しっかりと受講者のニーズに応え整備を整えていくことにより挽回できる状況です。

また、今は通えていない日本国内の学生や社会人に留まらず、世界中のシェアを獲得するチャンスでもあります。 

オンラインスクールのメリット・デメリット 

オンラインスクールを開くことで、どういった業務が増え利益に繋がり、対応しなければならないことが業務上増えデメリットに繋がるのかを知っておくべき内容でもあります。 

まず、メリットは下記の項目が上げられます。 

【企業側】

 ・自宅で学習を受けられるため、集客範囲が広がる ・オンラインのみだとテナント契約などの諸経費が減るためコストダウンにつながる ・配信した動画は再利用できるため時間効率・コストダウンになる 

【受講者】 

・スクールに通う必要性がない ・環境選ばずインターネットが繋がれば、どこでも学習できる ・時間帯を選ばず勉強できるため、ライフワークに取り入れやすい

 

デメリットも、もちろんですがございます。 

【企業側】 

・参加者の反応がわかりづらい ・設備・環境を整えることや、通信トラブルがあれば対応が不可欠 ・対面でのサポートが困難となる 

【受講者】 

・リアルタイムでなければ、個別での質疑応答のレスポンスが悪い ・独学での学習スタイルのためモチベーション維持に問題が生じることもある ・受講するにはインターネット回線が必須 このように、オンラインスクールを開校するにあたりメリット・デメリットがございます。 

もちろんデメリットについては解決する方法はありますが。

 現代社会においての学び方は、ストレスフリーな環境を提供していくことが大切になります。

通わず学べるということは、時間効率良くスキル習得のきっかけになり、さまざまなサービスを受講する方が増えている状況です。 

まとめ 

コロナ禍により、オンラインスクール開校へ踏み切る企業は増えています。通学スタイルばかりだった、スクール教育もインターネットの普及により受講者のニーズも高まっている状況となります。

 現在オンラインスクールを開校させ利益を上げるためのノウハウや、開校までの道筋を知りたいという企業・個人事業主の方は、株式会社 SEASIDE COASTにご相談くださいませ。



コメント
* メールはウェブサイト上に公開されません。